>団体案内 >お問い合わせ >サイトマップ
どんなに生きにくさを抱えても、
住みたい場所で愛する人とずっとふつうに暮らし続けることができる街づくりを目指す。
特定非営利活動法人ふわり
HOMEへ

2010/12/04-05 fuwarinclusion session  -ふわりんクルージョンセッション- 

In 中部国際空港内 セントレアホール
定員  300名
主催  NPO法人ふわり

2010:テーマ
共生の可能性を探る


 少子高齢化の進展・経済不況の長期化など、厳しい社会背景の中で、かつてないほど、この国は生きにくくなっていると言われます。

 一方、その生きにくさを増していると言われている我が国に、同じように生活しているにも関わらず、「豊かな暮らしをしている」と実感している人達もいます。

 今、誰が、生きにくく、どのように取り残されているのでしょうか。

 どうやったら、それらの人達が、豊かさを実感している人達と同じような暮らしに辿り着くのでしょうか。

 その整理のための議論の向こうに。

 新しい福祉、これからの街作りがあるはずです。

2010.12.4(土)プログラム


10:30〜11:30「共生の可能性を探る」
講演者:野沢和弘氏(毎日新聞社論説委員)
11:30〜12:30 昼食
12:30〜13:30 「地域との合意形成」
シンポジスト
 ・佐藤彰一氏 (法政大学法科大学院教授)
 ・水谷香織氏 (パブリックハーツ株式会社代表)
司会進行
 ・鈴木直也氏 (NPO法人起業支援ネット副代表)
13:40〜16:40 「誰が生きにくく、誰が豊かなのか」
シンポジスト
 ・朝比奈ミカ氏(中核支援センターがじゅまる所長)
 ・田村太郎氏(ダイバーシティ研究所代表)
 ・湯浅誠氏(もやい事務局長・内閣府参与)
司会進行
 ・原田正樹氏(日本福祉大学准教授)
17:00〜18:00 「地域力創造時代の到来」
講演者
 ・椎川 忍氏(総務省自治財政局長・前地域力創造審議官)

宴会場にて。
分科会メンバーとの出会い大交流会
「ロックンロールライブ!」サルサガムテープ
かしわ哲氏  梶原徹也氏  他
宿泊交流へ

2010.12.5(日)プログラム


10:00〜15:00
☆ランチつき分科会☆
①椎川班
「これからの地域づくりは絆の再生から」
②湯浅班
「パーソナルサポーターとは」
③朝比奈班
「小規模多機能地域密着な展開を支える」
④田村班
「多文化共生の街づくり」
⑤かしわ・梶原 班
「ロックンロールしよう」
⑥水谷・佐藤班
「街づくりのための合意形成」

15:00〜16:30
講師陣による。。。
まとめ風:行動提起セッション


【 料 金 案 内 】
参加費 5,000円・交流会費 5,000円・宿泊費10,000円
                             計 20,000円
【振 込 先】 ※参加費、交流会費、宿泊費すべてお振込みとなります。
      ※振込名義人が申込者と異なる場合は、必ず「連絡事項記入欄」にお書きください。
   三菱東京UFJ銀行 半田支店  口座番号:0026931
   特定非営利活動法人ふわり  


参加申し込み




【分科会番号】
① 椎川忍班   「これからの地域づくりは絆の再生から」
② 湯浅誠班   「パーソナルサポーターとは」
③ 朝比奈ミカ班 「小規模多機能地域密着な展開を支える」
④ 田村太郎班      「多文化共生の街づくり」
⑤ かしわ哲・梶原徹也班 「ロックンロールしようぜ」
⑥ 水谷香織・佐藤彰一班 「街づくりのための合意形成」

一つ前のページへ戻る
FirstUpload 10/10/14-23:53
LastUpdate 11/12/03-22:20


ふわりってどんなとこ >ふわりの取組を知ろう >ふわりの活動予定 >ふわりの活動レポート >ふわりに参加しよう

Copyright © NonProfit Organization FUWARI All Rights Reserved.
Script by Petit CMS