>団体案内 >お問い合わせ >サイトマップ
どんなに生きにくさを抱えても、
住みたい場所で愛する人とずっとふつうに暮らし続けることができる街づくりを目指す。
特定非営利活動法人ふわり
HOMEへ

ふわりは地域共生をイノベーションする!
〜日本地域共生協議会・NPO法人ふわり〜

 東日本大震災で、日本の地域力が再評価された。我慢力、思いやり力、お互い様力だ。
 その力を。日本中に、いつでも、当たり前に、存在するものにする。それが真の復興だと思う。
 その方法を。多くの人と連帯して、具体的アクションにしたい。そんな、集まりです。ぜひ!

日時:平成23年7月2日(土)
場所:あいち健康の森 プラザホール
〒470-2101 愛知県知多郡東浦町大字森岡字源吾山1番地の1

*当日は混雑が予想されますので、できるだけ公共交通機関でお越しください。
 参加費:3,000円
*当日受付にてお支払いください。当日参加も可能です。

 
9:30〜         受付

10:00〜10:40  

基調講演 
 「3・11から今日までの歩み〜障がい福祉は被災地に何をしたのか』

 
           講師  又村 あおい氏 (平塚市役所 企画部企画課)
 3月11日14時46分。三陸沖を震源とした地震や津波が、様々な被害を東日本にもたらしました。障がい団体や国は、どう対応したのか?今後の課題は?震災対応の法制度に今1番詳しいと言われている又村さんに聞きます。
         

10:50〜12:30 

シンポジウム
 『その時、障がい福祉事業所や当事者は〜被災事業所の様子から学ぶ〜』


 シンポジスト   竹下 敦子氏 (NPO法人ハックの家 施設長)
          伊藤 寿彦氏 (NPO法人ゆにぷろ 代表理事)
          佐藤 恵美子氏 (NPO法人障害者の地域生活を支援する会理事長)
          河内 崇典氏 (NPO法人み・らいず代表)
          関原 深氏 (株式会社 インサイト 代表取締役)
 コーディネーター 戸枝 陽基  (特定非営利活動法人ふわり理事長)

 被災者にしか、真実は語れない。その時何が起こったのか。仙台・石巻・田野畑など、東北の被災地の状況を、実際に被災した事業所の皆さんからお聞きし、これからを連帯して支える方向性を共に見出したいと思います。


12:30〜13:30   昼食・休憩

13:30〜15:00  

講演
 『社会起業家が障がい者の働くをイノベーションする〜そのキモを紐解く〜』


         講師  露木 真也子氏 (株式会社 公共経営・社会戦略研究所主任研究員)
 障がい分野には、「社会起業家」と呼ばれる人材が多く存在します。東京工業大学で、日本中の著名な福祉系起業を調査し、成功の法則を見出す意欲的な研究をされた露木さんに、その「キモ」をお聞きしたいと思います。



15:00〜16:30 

講演
 『街ぐるみ包括福祉の時代がやってくる!〜全員参加の仕組み作り〜』 

          
         講師  上野 悦子氏 (日本障害者リハビリテーション協会)
 CBR(Community Based Rehabilitation:地域に根ざしたリハビリテーション)という地域開発の戦略をご存じでしょうか?障がいのある方を地域の社会サービスで包括的に支援する、世界約90カ国で活用されている方法です。アジアなどのサービスが未整備の地域でも、障がいのある方が幸せに暮らしている。その方法を学びます。

16:30〜17:00  

まとめ
「NPO法人ふわりは、日本地域共生協議会の事務局になります!」


        戸枝 陽基氏 (特定非営利活動法人ふわり理事長)

参加申し込み


※FAX宛先:0569−22−4073 申込期限は平成23年6月28日(火)までとさせて頂きます。


所属団体
代表者名*
電話番号*
FAX番号
参加者氏名1*
参加者氏名2
参加者氏名3
参加者氏名4
E-mail




一つ前のページへ戻る
FirstUpload 11/06/09-11:56
LastUpdate 11/06/18-06:58


ふわりってどんなとこ >ふわりの取組を知ろう >ふわりの活動予定 >ふわりの活動レポート >ふわりに参加しよう

Copyright © NonProfit Organization FUWARI All Rights Reserved.
Script by Petit CMS