>団体案内 >お問い合わせ >サイトマップ
どんなに生きにくさを抱えても、
住みたい場所で愛する人とずっとふつうに暮らし続けることができる街づくりを目指す。
特定非営利活動法人ふわり
HOMEへ

分科会報告

椎川班 「これからの地域づくりは絆の再生から」


自分の街で、豊かに暮らしたい。誰もがそう思うはずです。それを実現しようとみんな(・・・)が(・)動いている東近江と、どうもうまくいかない街の違いは?みんなの「我が事」という自覚。元気で前向きな!「HUBキーマン=地域の中の凸凹のピースをつなぐ連結・中継装置(接着剤)」の存在。目指す形は“球”。絆でつながった球い(まるい)地域は強いのです!(山口 久美)

東近江市長: 西澤久夫さんにご参加頂きました!

湯浅班 「パーソナルサポーターとは」


湯浅さんの活動内容や想いを伺った後行った「穴をみつける!」ワークショップ。身近な所で制度やサービスの枠からもれて困っている方などの事例を出し合い、どこに「穴」があるのかを考えました。
「もやっと感」は残りましたが、「さぁ、これをどうする?」とそれぞれが一歩踏み出す事の大切さを学んだ分科会となりました。(むそう・五味 紘子)

朝比奈班「小規模多機能地域密着な展開を支える」


第3分科会では、ひきこもり・統合失調症・性同一性障害など、様々な経験をされた方々のお話を伺いました。死にたいほど苦しい、でも、何らかの人との出会いでまた生きようと感じたという、とても深く胸を締め付けられるお話でした。
キーワードは「つながり」。人と人とがつながり、共に生きていくことの深さを実感させられました。建物などのハード面も重要ですが、福祉などの分野にとらわれず、目では見えない、人が一生涯を生きていくのに必要なものを、見た気がします。(楽笑・佐宗 めぐみ)

田村班 「多文化共生の街づくり」


ゲスト講師:堀 永乃・鈴木茉莉
「多文化共生」、あまり聞きなれない言葉でしたが、外国人の方々が日本においていかに生きにくさを感じているかがよくわかった。これは私たちが行っている、障がい福祉とよく似ています。「暮らす・働く・余暇」これは、人間である以上、誰もが必要としているものです。このことを痛いほど感じさせられて、分科会でした。(スモールワン・中本 秀行)

かしわ・梶原班「ロックンロールしよう」


第5分科会では、かしわさん・梶原さんを迎え、「ロックンロールしよう」と題し、前半はサルサガムテープの歩みとロックンロール介助士という考え方について、後半は誰もが一緒に音楽を楽しめる方法を、ガムテープで出来た太鼓や身の回りにあるものを使ってのセッションを通して実際に体感することが出来ました。(スモールワン・中本 健太)

水谷・佐藤班 「街づくりのための合意形成」


紛争マップやプロセスマップを中心に地域との合意形成をする際の実例を挙げ、シュミレーションを行い、問題点や考え方などを考えていきました。時間の関係上、法律的な所までディスカッション出来なかったのが残念でしたが、活発な意見交換がされ、最後は合意形成の奥深さを参加者の皆様が気付け、もっとディスカッションしたいとの意見が多数よせられていました。(間瀬 正樹)

サルサ・ガムテープライブ



刺激と出会いと興奮と。ふわりんクルージョンセッション、まとめの時間は、ステージ上に、全員集合!
戸(^^)/ 「企業や市民の寄付を原資に、サルサガムテープが歌っている所に、障害団体が移動販売車持って行って、それに上がり込んだブラジルの人が焼いたシュラスコとか、東近江の名産品なんかを、ホームレスの人達に振る舞う横で、朝比奈さんが相談に乗るっていう年越し屋台村イベントやろう!」
朝(-"-) 「あたしだけ、つまんない!」
何でもいいから。僕達は繋がった方がいいって気付いたから。出来る協働から始めよう!
そんな想いが共有された、まとめでした。来年も集まろうね!!(^^)!



一つ前のページへ戻る
FirstUpload 11/03/02-23:21
LastUpdate 11/03/02-23:27


ふわりってどんなとこ >ふわりの取組を知ろう >ふわりの活動予定 >ふわりの活動レポート >ふわりに参加しよう

Copyright © NonProfit Organization FUWARI All Rights Reserved.
Script by Petit CMS