>団体案内 >お問い合わせ >サイトマップ
どんなに生きにくさを抱えても、
住みたい場所で愛する人とずっとふつうに暮らし続けることができる街づくりを目指す。
特定非営利活動法人ふわり
HOMEへ

私らしくmeetingちた2010〜人情の街 半田フォーラム〜

テーマ/誰もが暮らしやすい街づくり 11/27(土) 半田市福祉文化会館


 午前の部は、Mr.ドラゴンズ立浪和義氏のトークセッションでした。当日は、朝早くから入り口には行列ができ、ユニフォーム姿の少年野球の子どもたちをはじめ、若者からお年寄りまでたくさんの人が開場を待っていました。母子家庭で育ったその生い立ちや、その上でのお母さんへの感謝の想い。PL 学園での厳しい鍛錬の日々や、プロとして活躍した日々など、普段お聞きできない立浪さんの想いをありのままに語って下さいました。
「家族や周りの人に感謝の気持ちを忘れないこと」「野球道具は大切にすること」など、その経験から語る言葉には、説得力がありました。「何をやるにも原点はまず人を思いやることだ」「一生懸命に毎日を過ごすことが大切」「継続は力なりという言葉が心に響きました」と講演を聞いた方々から、たくさんの感動の感想を頂きました。
 午後の部は映画「ただいまそれぞれの居場所」上映&映画監督大宮浩一氏のトークセッションでした。「人はそれぞれに合った居場所があれば、そこで輝くことができるんだなと思った」「人は人に支えられていきているのだと実感できた」など、映画を見た方から様々な感想を頂きました。福祉の制度論でも、事業所の良し悪し論でもなく、そこにたくさんの人の「人生」があることを伝え、自分だったら、自分の大切な人の人生だったらと考えさせる深いふかい映画でした。

講演 我慢と感謝の「負けん気」
    〜Mr. ドラゴンズを支えた想い〜
   立浪和義氏 ( 元中日ドラゴンズ)
質疑応答




映画上映「ただいまそれぞれの居場所」
監督舞台挨拶 大宮浩一氏




一つ前のページへ戻る
FirstUpload 11/03/02-16:05
LastUpdate 11/03/02-16:14


ふわりってどんなとこ >ふわりの取組を知ろう >ふわりの活動予定 >ふわりの活動レポート >ふわりに参加しよう

Copyright © NonProfit Organization FUWARI All Rights Reserved.
Script by Petit CMS