>団体案内 >お問い合わせ >サイトマップ
どんなに生きにくさを抱えても、
住みたい場所で愛する人とずっとふつうに暮らし続けることができる街づくりを目指す。
特定非営利活動法人ふわり
HOMEへ

fuwarin Topics ふわり:活動とぴっくす

「ふわりんクルージョン“ 湯浅班” 草の根プロジェクト〜穴を見つける会〜」 第1回・第2回 報告



 私たちは昨年12 月に開催された、「ふわりんクルージョンセッション」の分会で、湯浅誠さんに出会いました。分科会では、「制度や支援の手が届かず、暗い穴の中で苦しんでいる人は誰か?それはどんな穴なのか?」というテーマをもとに「穴を見つける」ワークショップを行いました。穴にいる人をみつけるコツとして湯浅さんが私たちに投げかけた「あなたの身の回りや支援現場で“わかっているけど、どうしようもないんだよね”と見過ごされている人たちはいませんか?」という問いに深く頷いた私たちは、この会をここで終わらせずに、多様な仲間を増やして追及していきたい!と、草の根の勉強会をはじめたのでした。

第1回:4/23(土)in ウインクあいち 参加21 名 オブザーバー:戸枝陽基氏


 テーマ:「穴にいる人を掘り起こす」
 いろんな分野の支援者や関係者が集まり、身近で穴にいる人を掘り起こしました。「どんな人が穴にいるのか」「何を困っているのか」「どんな環境に置かれているのか」を壁に貼り出して全員で俯瞰をし、話を深めました。あまりの事例の多さと重さに、一同で深いため息をついた一日でした。まだ産声をあげたばかりの第1回。みんなで解決の見えない“ もやもや” を持ち帰りました。

第2回:6/25(土)・26 日(日)in むそう 参加19 名 オブザーバー:湯浅誠氏


 テーマ:「穴にいる人に光をあてる方法を探る」
 事例や研究発表を通して、人が穴にいたるまでの社会的な背景・心理的なプロセスを2日間かけて追及しました。2日目はなんと湯浅誠さんが登場!現在内閣府で推進されているパーソナル・サポート・サービスの現状や湯浅さんの想いを伺った後、これまでの 〜穴を見つける会〜 の成果やメンバーの発表と絡めて、私たちはどんな支援をしていくべきなのか?話を深めました。その語り合いの中で、今後湯浅さんが内閣府で進める「ワンストップ電話相談」の中部エリアを、私たち〜穴をみつける会〜で担っていくことになりました。第1回目のもやもやとした“問い”に対し、具体的なアプローチをしたことで、私たちの進むべき道が見えはじめた第2回目でした。

第3回 〜穴を見つける会〜 開催決定!
日時:平成23年9月23日(金・祝)13:00 〜 18:00
場所:「 ウインクあいち1205」  名古屋駅徒歩2分 
第3回のテーマ『支援者側の穴を見つける』です。

◆参加のお申し込みは下記メールにてご連絡ください。折り返し詳細をご案内いたします。
 はじめての方のご参加もお待ちしております。ご質問等、お気軽にどうぞ!
  yurikasoup@infoseek.jp(渡辺)

 人が穴に落ちていくプロセスで、支援する側の人は何をしてきて・何をしてこなかったのか?
 支援の専門家に留まらず、学校・会社・家族・友人など “ 支援する側の陥っている穴” をしっかりと見つめることで、現状の暗闇から新しい未来を探ります。



一つ前のページへ戻る
FirstUpload 11/10/03-23:34
LastUpdate 11/10/03-23:34


ふわりってどんなとこ >ふわりの取組を知ろう >ふわりの活動予定 >ふわりの活動レポート >ふわりに参加しよう

Copyright © NonProfit Organization FUWARI All Rights Reserved.
Script by Petit CMS