>団体案内 >お問い合わせ >サイトマップ
どんなに生きにくさを抱えても、
住みたい場所で愛する人とずっとふつうに暮らし続けることができる街づくりを目指す。
特定非営利活動法人ふわり
HOMEへ

街の中でふわりふわりと考える 

vol.27「外から日本を見つめる眼」 戸枝陽基


 アメリカに行ってきた。飛行機嫌いの僕が。
 中部国際空港〜成田・2 時間、成田〜ダラス・13時間、ダラス〜シャーロット3 時間。その間の待ち時間も入れると、目的地のノースカロライナ州アルバマーレまで、ほぼ丸一日の移動だった
飛行機でヘロヘロ、時差でボケボケになりながら、どうしても見たかったのは、アルバマーレにあるGHAという福祉系市民団体。むそうとしても、なかなか展望が見出せない、行動に様々な問題がある自閉症の方々がグループホームで落ち着いて生活をしているという。その様子と取り組みのエッセンスをどうしても知りたいと一念発起、飛行機に乗った訳だ。
 GHAの方々は、どうしてこんなにという位、懇切丁寧に見学や研修を組み立ててくれた。感謝感激。午前中は、障害のある方々の活動や暮らしの様子を見学し、午後はじっくりたっぷりその仕組みや支援スキルを研修してくれた。
 ひとつのレストランに行った。まだ、従業員も出勤していない開店前の早い時間、ひとりの自閉症の方が清掃をしていた。その方は、人がいると、その物音や気配で落ち着かなくなってしまうという。かなり環境適応が難しい人だというのが見ていてわかる。
 頭でいろいろ考えを巡らせながら、その方の仕事ぶりを見ていると、説明のスタッフが不意に言った。「人がいると不安定になるなら、人がいない職場を探せばいいのです」そりゃあ、そうだなぁ。それだけのことだなぁ。
 人がいない、静かなレストランで。その方は、愛おしいという感じで、トイレのタイルをひとつひとつ丁寧に拭いていく。朝のこの清掃で、2時間×8ドルの稼ぎ。毎日だと月に3万円位にはなるか。残りの時間は、デイサービスで、塗り絵など好きなことを楽しんでいる。その位、障害的には重い人だ。う〜ん。
 むそうでも、この位のことができる人は結構いるよなぁ。むそうは、普通の施設の人達よりは、確かに障害は重いけれど。その人の特性を言い訳にしていないだろうか。問題はいろいろあるとして、出来ることを生かす。生かす場所は、ふつうの街の中で。う〜ん。
 アメリカでは、「ボランティアワーク」っていう概念があるらしい。街の中で働かせてもらうのに、いきなり雇用契約は、無理でしょうってことで、まず、ボランティアをさせてもらう。この掃除をしている彼も、最初はボランティアワークだったとのこと。実績を積んで、初めてお金の話をするとのこと。
 ああ。僕は雇用契約にこだわり過ぎていたかも。まず、何より参加してみる。その上で、考える。大事なことだなぁ。本当に。
 むそうの昼間の活動の場を全部無くさないとダメなんじゃないかという位のカルチャーショック。でも、こっちの方が、ふつうというなら、ふつうの働き方だよなぁ。まったく、街の中にいるし。
 そんなモンモンモードの僕の脳みそに。突如、この間イギリスからむそうにやってきた見学者達の顔が浮かび始めた。
 「イギリス人は。この現実をどう考えるんやろうか・・・」余計な心配が、頭を支配した。むそうに見学に来たイギリス人達は。ラーメン屋でシャキシャキと働く障害のあるメンバーにかなり驚いていた。
 イギリスでは、障害の重い人に仕事をさせていないそうだ。何でなのか、ということをいろいろ聞いてみての僕なりの理解だが。イギリスでは、障害者が働かなくても暮らせる位の所得保障があるということと、福祉の人達が公務員的な立場で、何か事故や怪我があった時の訴訟リスクを怖がって働くというより、「危ないこと」は、とりあえず、やらせないということのように感じた。
 う〜ん。危ないなんて言ったら。何でも危ないやんね。
 いろんなチャレンジして、いろんな失敗して、そこから学んで。人は成長するんだし。
 それは、障害があるなしに関わらず。すべての人がそうじゃんね。
 街の中でチャレンジング・アメリカ、施設の中でチャレンジング・日本、施設の中でのんびリング・イギリス。う〜ん。
 どれが、幸せなのだろうか。福祉って、金かければ良いものでもないかもね。
 「必要十分よりちょっと足りない」その「ちょっと足りない」をひとつずつ努力や成長
で埋める。それが喜びになる。そんな丁度良さって大事だなぁ。
 そんなことをモンモンと考える機会を頂いた、アメリカでした。
 飛行機嫌いしている場合じゃないかもなぁ。いろいろな国の様々な取り組みが。自分の脳みそに新たな回路を開いてくれることは間違いない。


一つ前のページへ戻る
FirstUpload 10/03/14-11:46
LastUpdate 10/03/30-17:35


ふわりってどんなとこ >ふわりの取組を知ろう >ふわりの活動予定 >ふわりの活動レポート >ふわりに参加しよう

Copyright © NonProfit Organization FUWARI All Rights Reserved.
Script by Petit CMS