>団体案内 >お問い合わせ >サイトマップ
どんなに生きにくさを抱えても、
住みたい場所で愛する人とずっとふつうに暮らし続けることができる街づくりを目指す。
特定非営利活動法人ふわり
HOMEへ

ふわりの研修が見逃せないっ!



自閉症の方へのガイドヘルプの実際


「自閉症の障害については勉強したけれど、具体的な支援の方法がわからないんです」という声をよく聞きます。

実は・・・自閉症の人たちと上手につきあっていくためには、「自閉症とは」ということを勉強しただけでは足りません。

ひとりひとり違う自閉症の人たちの、ひとりひとりの特性を理解するアセスメントと、そのひとりひとりの違いに合わせた構造化(環境整備=バリアフリー)が大切!

11の特性の組み合わせとグラデーションから、ひとりひとりの特性を理解し、必要な構造化を導き出す「みちすじ」を、演習型の研修にしてしまいました!



山口久美
(ヤマグチクミ)



◆ 11 月29 日・30 日
 愛知県半田市 板山公民館
◆1月8日・9日
 日本財団ビル 会議室
◆1月29日・30日
 兵庫県福祉センター 3 階
◆2月5日・6日     
 日本財団ビル 会議室
  

<<参加者の声>>


 キャップハンディ
・少しはわかっているつもりでいたことが、全くわかっていなかったことを実感し、体験したことで本人たちはどんなつらい状況にあるのかと切なくなりました。

2 日目( 演習・演習の解説・構造化・まとめ)
・ますますわからなくなったというか、イメージ力不足や固定概念から抜けだせずもどかしい気持ちになりました。でも自分の力量不足を改めてしり、これではダメだと噴気できたのでよかったです

2 日目( 演習・演習の解説・構造化・まとめ)
・自閉症の理解→特性を知る→それにともないその人にわかりやすく構造化する。それば、まだまだ自分の中でしっかりとわかっていないことがわかりました。反省です。

2 日目( 演習・演習の解説・構造化・まとめ)
・自閉症の理解が、こんなに難しくて、しらなくてはいけないことが多いとは思いませんでした。

2 日目( 演習・演習の解説・構造化・まとめ)
・できないことの理由が、「わかっていると思ってた」だけなんだと気づかされ、ショックの連続でした。これからも勉強していきたいと思います。

う〜ん・・・いい研修なのかなぁ??
もっともっと勉強しなくちゃ!!って思えるようになる研修であることは確かです(^^)v
奥の深〜い自閉症の世界へ、さらなる一歩を!!



一つ前のページへ戻る
FirstUpload 10/03/24-18:17
LastUpdate 10/03/24-18:44


ふわりってどんなとこ >ふわりの取組を知ろう >ふわりの活動予定 >ふわりの活動レポート >ふわりに参加しよう

Copyright © NonProfit Organization FUWARI All Rights Reserved.
Script by Petit CMS