>団体案内 >お問い合わせ >サイトマップ
どんなに生きにくさを抱えても、
住みたい場所で愛する人とずっとふつうに暮らし続けることができる街づくりを目指す。
特定非営利活動法人ふわり
HOMEへ

特集 出現!動く授産備品?移動販売カー続々!

障害者自立支援法では、日中活動系サービスにおいて、ひとつの拠点の活動人数(6名定員からOK)や建物(賃貸物件なども活用できる)などについて規制が緩和されました。
この規制緩和を読み込んでみると(ガイドブックP102 日中活動系サービスの立ち上げ方part2参照)活動拠点のひとつを移動販売車にするというアイディアも可能だということに気付きます。
すでに、いくつかの事業所で、そのアイディアが実際に動き出しました。


日本財団車両チーム沢渡さんに聞く
徳島香川訪問記うどん販売カーが動く!


2006年4月に施行された障害者自立支援法は、障害者の社会参加を支援するシステムであり、従来の施設支援や在宅支援だけでなく、「住む・働く・社会参加」の3つのサービスが協働する「地域支援」が求められています。
また法改正に伴う規制緩和により、通所系サービスは、施設以外でも就労ができるようになりました。
こうしたサービスに対応するために、福祉車両以外の車両の要望が増えています。その代表例が、移動販売車とトラックです。(P5へつづく)




移動販売車で移行(行こう)!IN 徳島
〜四国狭しと走り回る・新しい就労支援の形〜


降り注ぐ太陽。澄んだ空気。多くの生命を育む海。
四国は、豊かな自然の恵みに満ちています。その自然の大きな恵みのひとつが食べ物でしょう。
今回は、障害のある方が街の中で、移動販売車を使って「うまいもの」を多くの人に届けているという情報を聞きつけ、アンパンマンのふるさと(やなせたかしさんは高知出身)四国にやってきました。

■明石海峡大橋を渡り・うまいもの大陸四国へ■


訪れたのは徳島県。
徳島の「うまいもの」と言えば。ぷりぷり食感・脂の乗った阿波地鶏としこしこ食感・鳴門の荒海が鍛えた鯛。しっかりそれらを堪能。そして納得。うまい!

徳島「うまいもの」お勧め店!


◎うず乃家:鯛丼
徳島県鳴門市鳴門町鳴門公園千畳敷
TEL(088)687-0150

◎鳥夢(とりゆめ):阿波地鶏
徳島市富田町2-9-1
(アクティファイブ1F)
TEL(088)622-5133


あまりのうまさに食べ過ぎの僕は、お腹を空かすために阿波踊り会館へ。
踊る阿呆にただの阿呆?阿波踊りを堪能。
身体を動かし、しっかり次に出会う「うまいもの」に向けて体調を整えました。


そして、今回の旅1番のお目当て「うまいもの」があるという鳴門競艇場へ!
ここで社会福祉法人田村やまびこ会が、本場:香川高松のさぬきうどんを移動販売車で売っているとのことだったのだが・・・

何やら手違いで空振り(>。<)
うどん販売カーはいませんでした・・・。
仕方がないので、日頃日本財団さんにお世話になっている手前、そそと船券購入。
見事、日本の福祉に大枚を寄付してきたのでした。えっへん。

 どうしても、うどんが食べたいので、高松の田村やまびこ会まで移動。
施設本体でもうどん屋さんをやっているのですが、当日は休み。それなのに、ご厚意で、うどんを作って下さいました!あ〜りがと〜う!(注:べーやん風:ふるっ)。

ずるずる。かみかみ。しこしこ。ごっくん。
うまいぃぃぃぃぃぃ!
さぬきうどん特有の麺の腰の強さ。
のど越しの滑らかさ。深い旨味。合格です!
田村やまびこ会のうどんは絶品。
移動販売車に延々行列が出来て売り切れてしまうのも納得の味です。
さすが自家製麺。
ビバさぬきうどん!


うどんサクサクは、麺をあげた後で味付けをします。


夏は、冷やしうどんもおいしいですね!



魂込めて、職人芸のうどん打ち


■競艇の楽しみ方講座■


皆さんは競艇の楽しみ方を知っていますか?100円から楽しめるお気軽お手軽なレジャー。
それが競艇!
競艇収益の2.6%が日本財団の助成金財源になり、福祉施設の改修事業や移動販売車などの福祉車両となって皆さんの街の福祉に生かされます。


予想紙を購入。むむむと悩み


予想屋のおにいちゃんに
100円渡すと予想を教えてくれます。


舟券の購入は、マークシートで


自信満々の図(^^;



激しく肩を落とします・・・


白いボートのライン!まくれ〜!!


鳴門競艇の子ども遊具
競艇は今やファミリーレジャー


お土産に。うどんをスナック状にした「うどんさくさく」まで頂いてしまいました。
味は当然として、パッケージのデザインなどが秀逸です。企業製品のクオリティをきちんと意識した施設運営に、とても感心させられました。

高齢者施設で出来立てを届けるラーメンカー。市役所駐車場で昼休みに頑張るパン販売カー。
限界集落を回る生鮮食品&日用品販売カー。町おこし屋台カー。ロバのパン屋さん復活。
いろいろなアイディアが広がる四国の空。ああ。楽しくなってきた!


自分のやれることをどんどん発見できる!

三島智子(みしまともこ)さん
「移動販売では、うどんの具を載せたりねぎとか準備したり、お客様の対応をしたりしています。」
「中のうどん屋さんよりも外に行くのが楽しい」
「うどん屋さんでは、自分のやりたいことをやらせてもらえるし、自分のやれることをどんどん見つけられる、発見できる」
「やまびこに、いっぱいお客さんが来てくれるようになってほしい。そのために、私たちががんばりたい」
同法人GH入居。
お休みの日には、カラオケ。
ZARD、ドリカムをうたう。



おいしかったよ、といってもらうとうれしい

佐々木千枝子(ささきちえこ)さん
「接客、会計を主に担当しています」
「お客様においしかったよ、といってもらうとうれしいです」
「たまに怖いお客様がいるけど・・・今はあまりいないから大丈夫」
作業所時代からの利用者。やまびこの大奥。やまびこのお母ちゃん的存在です!
休日には、利用者を取りまとめて、カラオケや買い物に。
ジャニーズ系の歌が好き。
4,5年前からTVにもたびたび出ているので、インタビューにも慣れました(^^)v


これが!! 田村やまびこ会自慢のうどん販売カー!!



移動販売カーのロゴ
デザインひとつでイメージが違います!
大事なこだわりです。


接客は、やまびこの障害のあるスタッフの皆さん


まさに、長蛇の列!!
300円のうどんが飛ぶように売れていきます



一つ前のページへ戻る
FirstUpload 10/03/26-18:41
LastUpdate 10/03/26-20:54


ふわりってどんなとこ >ふわりの取組を知ろう >ふわりの活動予定 >ふわりの活動レポート >ふわりに参加しよう

Copyright © NonProfit Organization FUWARI All Rights Reserved.
Script by Petit CMS