>団体案内 >お問い合わせ >サイトマップ
どんなに生きにくさを抱えても、
住みたい場所で愛する人とずっとふつうに暮らし続けることができる街づくりを目指す。
特定非営利活動法人ふわり
HOMEへ

ふわりムーブメント 2009年の軌跡  

自立支援法になったから移動販売できるのだ!
    〜移動販売車実演セミナー〜


 障害者自立支援法では、日中活動系サービスにおいて規制緩和されたため、活動拠点のひとつを移動販売車にすることが可能になりました。ただ、移動販売はビジネスとしては難易度が高く、マーケティングから許認可取得、行動援護設計等々、かなりノウハウが必要です。そこで、移動販売車で実演してその後講演する、という実演研修を全国6ヶ所で実施しました(5 月山形、8 月愛知、10月奈良、11月北海道、1 月兵庫、1 月香川)。
 飲食系が中心かと考えていましたが、奈良のたんぽぽの家でアート系イベントとジョイントした時には、走るアート雑貨屋カー/サンドブラスト体験カー/七宝焼きカー/アトリエカーで制作風景展示即売等々、今後の可能性を拡げるアイデアもたくさん出ました。

***山形セミナーレポート(戸枝blog より)*** 
『山形の皆さん!うんぷう麺を食べてケロ!』

ということで。トラックを走らせること11 時間。(+o+) 山形の地域支援フォーラムで。移動販売車の実演展示をしてきました。まずは。山形市の保健所で営業許可を取得。

一発で通らず。慌てて再調整です。手洗いや内装が愛知と規格が違い。ホームセンターに駆け込んで。内装を張り替えました。

うっとりするほどの手際と出来栄え。ああ。やっぱり大工の息子として。戸枝建築を継げばよかった。

今回の段取りをしてくれた、関原深@インサイトも大満足。山形市の保健所の人達。メチャいい人やった!

これで。山形で5 年間。営業ができます。(*^_^*) いつ使うねん!

これで。心安くおいしい山形の名産に舌鼓と思いきや。翌日のフードの段取りもメロメロだということがわかり。会議かいぎ。

開催事務局のはとぽっぽ倶楽部の皆さんのご助力で、何とか段取り。

当日のメニューは。ラーメン(鹿児島黒豚・知多牛チャーシュー入り)中華ちまき、杏仁豆腐、ジャスミンティーつき。

約150 食を1 時間半で何とかこなしました。ヘルパーの辻君、徳光さん大活躍。

障害スタッフの西畠店長・西浦麺切り隊長・三枡接客部長大回転。

すべてを終えた男の後ろ姿。。。西畠店長。。。カッコいい。。。

帰りに。西浦麺切り部長が。いつもとは違う、なぜかハッキリ声で。「みんな。おいしかったって!」といって私に親指をつき立てました。

食べて頂いた参加者の皆さんから頂いたお褒めの言葉が。彼の自信と自尊心をまた、グレードアップさせてくれました。

本当に。障害のある方たちも大変でも自分の社会的役割を求めている。そう実感した瞬間でした。

あなたの街にもうんぷうが行くかもです。この企画。日本財団提供です。



一つ前のページへ戻る
FirstUpload 10/03/12-20:55
LastUpdate 10/03/15-00:06


ふわりってどんなとこ >ふわりの取組を知ろう >ふわりの活動予定 >ふわりの活動レポート >ふわりに参加しよう

Copyright © NonProfit Organization FUWARI All Rights Reserved.
Script by Petit CMS