>団体案内 >お問い合わせ >サイトマップ
どんなに生きにくさを抱えても、
住みたい場所で愛する人とずっとふつうに暮らし続けることができる街づくりを目指す。
特定非営利活動法人ふわり
HOMEへ

コンサルティングを受けて

 ふわりグループコンサルタント事業である、経営、マーケティング、ケアスキルの3つのコンサルタントを上手に活用し、NPO法人楽笑では、新規事業の干物屋オープン、地域活動支援センターから自立支援法新体系への移行を、大きな問題もなく円滑に行うことが出来ました。具体的な取り組みを紹介します。


〜経営コンサル〜


 法人の未来と地域の未来をワークショップで構想し、今やるべき事、今後どのように動いていくのかをスタッフで共有することが出来ました。
 また、干物屋の事業を行うときには「三方良し」の経営方針に基づいて、「地域との協働」の重要性とアプローチの方法を学び、地域にメリットがある事業運営を行うことが出来ました。

 ワークシート「将来構造」

〜マーケティングコンサル〜


 新規事業の干物屋のアンケート調査から、商品開発・授産商品の管理業務をコンサルして頂きました。
 市場がほしがっている商品にする為にアンケート調査を行い、チラシのブラッシュアップ、商品への付加価値、購入するに適した単価設定等、飲食業が行うノウハウを学ぶことが出来ました。

 棚卸しや商品管理の重要性を学び、月次の損益計算書に落とすことで、売り上げの数字の変動が誰でもわかるようになりました。売上の目標設定が出来るようになり、スタッフのモチベーションをあげる材料にもなりました。無駄なコストを少しでも抑え、利用者の工賃へ還元しようという意識付けが出来ました。


〜ケアスキルコンサル〜


 事業所で作業をする利用者さんの様子を見て頂き、作業工程を見直してもらい、利用者さんのストレスを解消し円滑に作業に取り組めるようなアドバイスをいただきました。
 また、楽笑の場合、従事するスタッフが主婦の方が多い為、障害特性の基本的な考え方から、日常業務のケース相談を中心にコンサルして頂きました。あやふやだった支援方法の見直しや情報共有が出来、新制度移行に伴う新たな利用者さんへの対応もスムーズに取り組むことが出来ました。
(特定非営利活動法人 楽笑 小田)


一つ前のページへ戻る
FirstUpload 10/03/18-20:51
LastUpdate 10/03/18-21:03


ふわりってどんなとこ >ふわりの取組を知ろう >ふわりの活動予定 >ふわりの活動レポート >ふわりに参加しよう

Copyright © NonProfit Organization FUWARI All Rights Reserved.
Script by Petit CMS