>団体案内 >お問い合わせ >サイトマップ
どんなに生きにくさを抱えても、
住みたい場所で愛する人とずっとふつうに暮らし続けることができる街づくりを目指す。
特定非営利活動法人ふわり
HOMEへ

+(ぷらす)X 萬年極楽 これからは俺たちの時代だ!

地域協働型干物屋『酒菜屋十兵衛』OPEN!!
小田泰久(オダヤスヒサ)


 まずはじめに。前回の若手起業家バトルで僕が何を言いたかったかというと、起業をするにもまず真似から入って自分の地域ニーズやコミュニティーでカスタマイズしていくことが大事だと言うことが訴えたかったんです。それが言いたくて、やきもきしていました。

 では、今回はそのカスタマイズの実践ともいえるべき楽笑の新規事業の報告です。

 平成20年10月19日にオープンした「酒菜屋十兵衛」は楽笑のある愛知県蒲郡市三谷町の産業である漁業に着目しました。その理由として、「昔のように活気がなくなった漁港を盛り上げたい」「後継者不足」「団塊退職者の生き甲斐の場がほしい」という地域のニーズがあげられます。楽笑の経営方針でもある「障 害を持つ方と協働することで地域が活性化する実践」が出来ると思ったからです。

 障害を持つ方が地域で暮らすためには、障害理解を進める必要があり、より多くの方、他分野の方と協働する事で理解のスピードが上がります。また、オープン時には、JR東海のさわやかウォーキングと蒲郡市の観光交流ウィークとタイアップし観光客でにぎわいました。その結果、拠点を構えることで人がにぎわい活気が生まれる。後継者がいないため、漁業を辞めた方から、古くから伝わる伝統の味を継承。魚をさばく職員を団塊退職者から雇用。また、同業種の方からも製品を仕入れ、販売窓口になることで、水産加工全体が盛り上がるようになりました。

 障がいを持つ方だって町の住人。だから町全体のことを考えて事業を進めることは結果として障がいを持つ方にプラスとして帰ってくるというのが僕の考えです。

 おいしい干物をご用意しております。ぜひお立ち寄りください。


愛知県蒲郡市三谷町港町通り57番地12
問い合せ先0533−66−0291
メール jyubee@rakusho.info


一つ前のページへ戻る
FirstUpload 10/03/23-18:48
LastUpdate 10/03/23-18:48


ふわりってどんなとこ >ふわりの取組を知ろう >ふわりの活動予定 >ふわりの活動レポート >ふわりに参加しよう

Copyright © NonProfit Organization FUWARI All Rights Reserved.
Script by Petit CMS