>団体案内 >お問い合わせ >サイトマップ
どんなに生きにくさを抱えても、
住みたい場所で愛する人とずっとふつうに暮らし続けることができる街づくりを目指す。
特定非営利活動法人ふわり
HOMEへ

どううっかりしたか…ふわりスパイラルに巻き込まれた人たち

畑づくりに、ケアホームの夕食に、金曜グループの地域の助っ人!
岡本 茂さん、郁子さん


 岡本夫妻とは、10年ほど前、利用者さんがまだ中高生だった頃、中学校の畑を借りての野菜作りを手伝っていただいたときから始まりました。
 「彼らとは自然といい関わりになりましたよ。彼らが野菜の花に興味をもったり、虫に興味をもったり、彼らの視点がすごく純粋で、関わっているだけで楽しかったですよ。」(茂さん)
「ケアホーム」では生活支援員、「畑作り」ではボランティアとして金曜グループの活動支えてくださる岡本夫妻
 
 平成17年11月には金曜グループにケアーホームが立ち上がり、岡本さんには夕食作りを手伝っていただきました。野菜中心の健康を考慮したメニューをいつも作っていただいています。利用者さんにとっては親元を離れての共同生活ですが、岡本さんがいることで安心でき、お母さんのように頼りにされています。普段あまり言葉を発しない利用者さんが岡本さんには「お腹すいた」と話してくれることもあります。
共同生活介護スカイブルーホームにて愛知県愛知郡東郷町白鳥2 丁目15-15

 「私は料理が好きだからね。好きなことをやって皆さんのためになるのは嬉しいですよ。利用者さんも寄ってきて話しかけてくれますし、スカイブルーに行く事が楽しみになっています。」(郁子さん)
 「自分たちだけでこうした活動ができたわけではないんです。人と人との関わりからこうしてやらせてもらっていることを感謝しています。ほんの少しでいいからやれたことが喜び、楽しみになりますよ。関心を持つ人はいるけど踏み出すことは難しいんだよな。そんな人が増えて行くといいね。」(茂さん)

 岡本夫妻のおかげで金曜グループに関わっていただける人が増えましたし、金曜グループにはなくてはならない存在です。これからもこのような地域の人たちをたくさん巻き込んでいきたいです。
畑作業開始2009年11月5日


一つ前のページへ戻る
FirstUpload 10/03/13-23:50
LastUpdate 10/03/14-23:55


ふわりってどんなとこ >ふわりの取組を知ろう >ふわりの活動予定 >ふわりの活動レポート >ふわりに参加しよう

Copyright © NonProfit Organization FUWARI All Rights Reserved.
Script by Petit CMS