>団体案内 >お問い合わせ >サイトマップ
どんなに生きにくさを抱えても、
住みたい場所で愛する人とずっとふつうに暮らし続けることができる街づくりを目指す。
特定非営利活動法人ふわり
HOMEへ

どううっかりしたか…ふわりスパイラルに巻き込まれた人たち スモールワン編

お菓子工房ぐれいす パティシエ/藪本 啓子さん


 ある日突然懐かしい人から電話がかかってきた。8年前に豊田市の駅前でやっていたカフェの常連さんでもあった、市役所の障害福祉課の方からだった。 
「啓さん、今は何をやられていますか? 」

 私はその方のことをすぐに思い出せたので、本題に入った。それは、スモールワンのお菓子作り指導と、プロ使用の商品化を目指し、福祉を超えた売れるお菓子を作ること、という依頼だった。久しくお菓子作りから遠ざかっていた私は、出来るかなあという不安よりも、この様な縁が世の中にあるものかと驚いた。福祉の世界とは全く無縁だった私が、カフェとは全く違った形でお菓子作りに再び関わるという現実に。

 当時、私の最大の失敗は、感謝が足りなかったことだと自負している。あのカフェは若気の至りそのもの。恵まれた環境に甘えて苦労しなかったスタートだったこと。何故辞めたの? とよく聞かれたけれど、お客様に素直に感謝できない自分が嫌になったからだと思う。

 そして、倉庫からホコリかぶった調理道具を運び出した。懐かしいレシピも出てきた。久しぶりに業務用の大きなバターを切った時、ああ、手の感覚って結構覚えているものだな、と嬉しくなった。

 スモールワンに声をかけてもらい、本当に大切なことを教えてもらった。皆が一生懸命作っている姿、大きな声で販売している姿、今日は沢山売れたよ、という嬉しそうな顔、全てが当時、私の足りなかったことばかりだ。そんな出会いがあったことに感謝しつつ、これからも美味しい!また食べたい!と言ってもらえるお菓子を作っていきたいと思う。

特定非営利活動法人 スモールワン お菓子工房 ぐれいす
〒741-0855 愛知県豊田市柿本町5 丁目31 番地2 
TEL.0565-28-0567 FAX.0565-28-0590 
■営業時間/ 10 時〜 18 時 ■定休日/日曜日
(地図は8ページにあります)



一つ前のページへ戻る
FirstUpload 10/05/12-17:07
LastUpdate 10/05/17-23:33


ふわりってどんなとこ >ふわりの取組を知ろう >ふわりの活動予定 >ふわりの活動レポート >ふわりに参加しよう

Copyright © NonProfit Organization FUWARI All Rights Reserved.
Script by Petit CMS